店舗案内
  営業時間/10:00〜18:00
  定休日/日曜日
  電話番号/042-747-7118
  お店への地図はこちらから

お問い合せフォーム
 ダイヤに関するご質問はメール
 またはお電話にてお問い合わせ
 下さい

豆知識
  ジュエリー・宝石について
  の豆知識と読み物
クラフトマン藤崎保  担当 藤崎 保
・1990年
  東京宝石デザインスクール卒
・2006年
  JJAジュエリーデザイン
  アワード初出展で入選
・神奈川宝飾工芸組合員

プラチナ、その特性

プラチナは、白金とも呼ばれ、化学的に極めて安定しており酸化しにくい金属です。
また、プラチナは純度が高く日常生活で変質・変色することはなく、その輝きは年月を経ても
変わることがありません。
宝飾品としては、古代エジプト時代の頃から使用されていましが、19世紀から20世紀にかけて
その人気は高まり、今や世界中のセレブが愛する最高の貴金属としての地位を確立しています。
宝飾品としての利用以外にも、工業用品や電子部品などとして幅広く活用されています。

宝石との相性

物理的な特性として、プラチナには極めて優れた延展性があり、高温にも強いことがあげられます。
その粘り強さと堅牢さで、宝石をしっかりと支えて、その高貴なさらに魅力を引き立てるのです。
宝石の台座としては最高級なものといえます。
また、プラチナは、他の貴金属と比較すると密度と重さがあるため、耐久性に優れています。
そのため磨耗しにくく、宝石をしっかりと留めておくことが出来るのです。
そのため、宝石の台座に広く活用されているのではないでしょうか。
イギリスの王冠を飾るコイヌール・ダイヤモンドをはじめとした、世界的に有名な宝石の台座には
どれもプラチナが使用されているのもうなずけます。

ダイヤモンドとプラチナ

ダイヤモンドをはじめとして、宝石の魅力をさらに引き出すというのも、プラチナが持つ特性の一つでしょう。
特にダイヤモンドとは相性がよく、互いの美しさを引き立たせ合います。
プラチナの白い輝きは、ダイヤモンドの輝きをさらに引き立てると言われています。
3代目ルイ・カルティエはこのプラチナの魅力に魅せられ、ダイヤモンドの石留めにプラチナを使用したと
言われています。
プラチナならではの純粋な白い輝きと、無色透明のダイヤモンドの輝きが生み出す艶やかなデザインは、
より多くの人を魅了してやみません。

ブライダルジュエリーとプラチナ

プラチナはエンゲージリングやマリッジリングとしても人気が高くなっています。
エンゲージリングはその「純粋無垢」のイメージからダイヤモンドとプラチナの組み合わせが王道といえるでしょう。
欧米ではゴールドの人気が高く、最近では日本でもホワイトゴールドやピンクゴールドなどの人気が
上がってきていますが、やはりプラチナの人気は衰えません。
マリッジリングは、日常的に身につける事が多いので、その特性から耐久性のあるプラチナリングの人気が高いです。
シンプルなものから、個性的なものまで、様々なデザインでプラチナリングがあります。

プラチナと投資

最近は投資の対象としてもプラチナへの関心が高まっています。
ダイヤモンドの国際価格はほぼ決まっていますし、金などの貴金属も市場が安定しているため、相場に
急激に変化する事はあまりありません。
それらと比べると、プラチナの場合、市場がまだ小さいこともあって、経済の動向や世界情勢によって相場が
大きく変化することもあります。
上手く運用することができれば、大きく利益を上げることもできるため、資産としての価値も高まりつつあります。
 前へ  |  11  | 11 |  12  |  13  |  14  |  次へ