店舗案内
  営業時間/10:00〜18:00
  定休日/日曜日
  電話番号/042-747-7118
  お店への地図はこちらから

お問い合せフォーム
 ダイヤに関するご質問はメール
 またはお電話にてお問い合わせ
 下さい

豆知識
  ジュエリー・宝石について
  の豆知識と読み物
クラフトマン藤崎保  担当 藤崎 保
・1990年
  東京宝石デザインスクール卒
・2006年
  JJAジュエリーデザイン
  アワード初出展で入選
・神奈川宝飾工芸組合員

ダイヤモンドの工業用途


現在、ダイヤモンドの用途としては、宝飾品としてではなく、工業用として使用されている
ことの方が多く、そちらの方が重要であると言えるかもしれません。
これは他の宝石にはない、ダイヤモンドならではの特性といえるでしょう。ダイヤモンドは、
最高の硬度を持っており、耐摩耗性の優れた工具として工業の様々な分野において活用されています。
金属材料や磁器・ガラス、半導体などの加工に使う研削砥石用としての消費量が多いのです。

ダイヤモンドの重要性


現代工業は、ダイヤモンドの存在がなければ成立しない、といえるかもしれません。
それほど、ダイヤモンドの工業用の用途は、多岐にわたっています。砥石としての用途以外にも、
アナログレコード用のレコード針やガラスカッターなどが広く知られているのではないでしょうか。
また、自動車や自転車をはじめとした、あらゆる製品の製造に、ダイヤモンドがかかわっていると言えるでしょう。
ラジオやテレビ、電球など様々な電気製品も、ダイヤモンドによるダイカストに依存しています。
こうした工業用のダイヤモンドの存在もとても重要です。

砥石としてのダイヤモンド


砥石とは、金属や岩石などを切削したり研磨したりするための道具で、天然のものと人造のものがあります。
人造砥石の原料には、主に酸化アルミニウムや炭化ケイ素などの他、ダイヤモンドや立方晶窒化ホウ素、
ガーネットなども用いられるようです。
その製法と添加物によって、いくつかの特性に分かれています。
工業用に使用されているのは、高温高圧化で人工的に作られた「人造ダイヤモンド」であることが多いようです。
天然のダイヤモンドは、砥石を成型するときに使用される「ドレッサー」等に使用されていることが多いようです。

ダイヤモンドを使った工具


ダイヤモンドの硬い特性を利用して、工具として、切断や穿孔、研磨、砥石などに使用されています。
ダイヤモンド工具は、ダイヤの粒を電着法で基板に固定したものや、金属やコバルトなどの金属触媒を
利用してダイヤモンド砥粒を焼き固めるといった方法で製造されています。また、CVDを使ったダイヤモンドコーティング
なども一部のドリルなどに使用されています。
工具の素材としては、工業用ダイヤモンドや宝飾に適さない色の天然結晶などが使われています。

研磨剤としてのダイヤモンド


ダイヤモンドの砥石以外の用途としては、研磨剤がよく知られているのではないでしょうか。
昔から他の宝石の研磨やガラスの彫刻などに使用されてきました。またコンタクトレンズや光学用レンズなどの
研磨にも使われています。ダイヤモンドは耐摩耗性にも優れており、微粉末にされて使われています。
京セラからは、一般家庭用に「ダイヤモンドシャープナー」という工業用ダイヤモンドを使った包丁研ぎ器も出ています。
 前へ  |  10  |  11  |  12  | 13 |  14  |  次へ