店舗案内
  営業時間/10:00〜18:00
  定休日/日曜日
  電話番号/042-747-7118
  お店への地図はこちらから

お問い合せフォーム
 ダイヤに関するご質問はメール
 またはお電話にてお問い合わせ
 下さい

豆知識
  ジュエリー・宝石について
  の豆知識と読み物
クラフトマン藤崎保  担当 藤崎 保
・1990年
  東京宝石デザインスクール卒
・2006年
  JJAジュエリーデザイン
  アワード初出展で入選
・神奈川宝飾工芸組合員

ダイヤモンドと研磨技術


ダイヤモンドは、その非常に硬いという特性から「災難から身を守る力がある」としてパワーストーン
として珍重されていました。
原石のままでは、他の宝石との差はなく、研磨技術が確立されるまでは宝石としての地位は
低かったようです。
それが、研磨技術の研究が進むことで、58面のファセットを持つブリリアントカットの原型が生み出され、
ジュエリーとしての価値が高まっていったのです。

ダイヤモンドの用途


ダイヤモンドの用途には、工業用とジュエリー用があります。ダイヤモンドは、炭素が規則的に配列し、
無色透明の結晶となるまでに高温・高圧という条件と、何十億年という長い歳月が必要です。
その産出量は非常に少なく、約4tの原石を採掘してやっと1カラット(0.2g)のダイヤモンドが
取れると言われています。
しかもそのうち、ジュエリー用として使える原石は4分の1程度だけで、残りの原石はすべて
工業用ダイヤモンドとして使用されるのです。

工業用とジュエリー用


ダイヤモンドは、採掘されるとまず大きさによって選別されます。
透明度が高く、品質が良いものでも、カットや研磨できる大きさがなければ、ジュエリーとしては
使えないのです。
その後、品質分けがおおまかに行われて、小さすぎたり黄色過ぎたりするなど、ジュエリーには
向かないような品質が良くないものは、通常、工業用に回されます。同じカラットのダイヤモンド
であっても、そのクオリティーによって、何十、何百倍もの価格差が生じるのです。
ジュエリーとしてのダイヤモンドは、それだけ高い品質が要求されるということでしょう。

アクセサリーとしてのダイヤモンド


ジュエリーとしてのクオリティーはやや劣るものの、工業用に回すには惜しいような大きさの
ダイヤモンドは、準宝石として市場に出されることもあります。
純粋なジュエリーとしての価値は高くありませんが、価格は安価で求めやすいため、
アクセサリー感覚で了解して購入するのがよいでしょう。
ただし、中には本物と偽って売っているようなショップもあるので、注意が必要です。

工業用の価値も高いダイヤモンド


ダイヤモンドの価値は、ジュエリーとしてだけではなく、工業用としても身近に感じることが
できるのではないでしょうか。
工業用に使われるダイヤモンドは、ジュエリーとして価値がなく品質の低いよくないもの
といったイメージが強いかもしれません。
ですが、ジュエリーとしてよりも、工業用として使用されるダイヤモンドが圧倒的に多いと
いったことを考えれば、様々な分野で活用されている工業用ダイヤモンドの価値の方が高い、
といえるかもしれません。
 前へ  | 15 |  16  |  17  |  18  |  19  |  次へ