店舗案内
  営業時間/10:00〜18:00
  定休日/日曜日
  電話番号/042-747-7118
  お店への地図はこちらから

お問い合せフォーム
 ダイヤに関するご質問はメール
 またはお電話にてお問い合わせ
 下さい



豆知識
  ジュエリー・宝石について
  の豆知識と読み物


クラフトマン藤崎保

  担当 藤崎 保
・1990年
  東京宝石デザインスクール卒
・2006年
  JJAジュエリーデザイン
  アワード初出展で入選
・神奈川宝飾工芸組合員

重さの単位、カラット


カラットという言葉はよく耳にするのではないでしょうか。
カラットとは、重さの単位で1カラットはおよそ0.2gです。1カラット(1.0ct)のダイヤモンドの
直径は、およそ6.5mm前後です。0.5カラット(0.50ct)ではおよそ5.15mmとなります。
ダイヤモンドは、カット、クラリティ、カラー、カラットの4つの基準によって評価され、4Cと呼ばれています。
4Cの基準は、GIA(米国宝石学会、Gemological Institute of America)によって作られたものです。
カラットは、この4つの基準のうちの一つです。

ダイヤモンドの価値を決めるもの


通常、4Cの中では、カラット(重さ)が最も説明しやすいものです。ディーラーがダイヤモンドを分類して
価格表を作る場合には、まず重量を基準にするのが一般的といわれています。その次に、カラー、クラリティ、
と続きますが、たいていの人は、ダイヤモンドは重量が多くなるほど価値が高くなる、ということを知っていますので、
価格はカラットあたりの金額で表示されるのが一般的です。カラットは、大きければ大きいほど価値が高いと
評価されるようです。

希少価値の高い大きなダイヤモンド


ダイヤモンドが大きな原石に成長するためには、高温・高圧の条件と想像を絶するような長い時間が必要です。
1カラットの宝飾用のダイヤモンドをつくるためには、カットや研磨を施さなければならないため、その倍以上の
重さの原石が必要となるのです。
人工ダイヤモンドも、近頃は大きいもの作れるようにはなりましたが、宝飾品として使えるようなものは
まだまだ数が少ないようです。

カラットだけにこだわらない


本来、カラットは4Cの中でも優先順位は低いもののようです。
日本人は、カラットにのみこだわる傾向があるようですが、単純な重さ(大きさ)による希少性を考えると、
相当な重さにならなければ、希少価値は見出せません。
1カラットというと、一番小さいように思いがちですが、1カラットのダイヤモンドは実際にはかなりの大きさです。
一般的には0.3カラット前後のダイヤモンドがよく売れているといわれています。

4Cによるダイヤモンドの評価


同じ1カラットのダイヤモンドでも、その価格は約20万〜250万円までさまざまです。
人によっては「1カラットのダイヤモンド」に憧れを抱いたりすることもあるようですが、ダイヤモンドの価値は、
カラットだけでなく、カット、カラー、クラリティ、そのすべてを鑑みて評価されるものです。より大きくて、
より無色透明で、より光り輝いている、そんなダイヤモンドにこそ価値がある、ということになりますが、
カラット以外は鑑定士による主観が大きくなります。
このため、鑑定士による鑑定も決して確定されたものではないようです。
 前へ  |  15  |  16  |  17  |  18  | 19 |  次へ