店舗案内
  営業時間
  /10:00〜18:00
  定休日/日曜日
  電話番号
  /042-747-7118
  お店への地図はこちらから

お問い合せフォーム
 ダイヤに関するご質問はメール
 またはお電話にてお問い合わせ
 下さい



豆知識
  ジュエリー・宝石について
  の豆知識と読み物
クラフトマン藤崎保  担当 藤崎 保
・1990年
  東京宝石デザインスクール卒
・2006年
  JJAジュエリーデザイン
  アワード初出展で入選
・神奈川宝飾工芸組合員

無色透明が理想のカラー


ダイヤモンドのカラーは、結晶の構造の違いによって生じるもので、永遠に変わることはありません。
ダイヤモンドは、「4C」といわれる、カラー、カット、クラリティ、カラットの4つで評価されます。
この4Cのひとつである「カラー」とは、一般的にホワイトダイヤモンドの色の評価のことで、有色か無色か
ということです。
無色に近ければ近いほどダイヤモンドの価値は高い、ということになります。

カラーのランク


ダイヤモンドが無色かどうか、というダイヤモンドのカラーはGIA(アメリカ宝石学会)の定めた
評価基準によって評価されます。
カラーのランクは、DからZまでのアルファベットでランク付けされており、無色で最高グレードである
「D]から、E,Fと順にグレードが下がっていき、非常に微かなライトイエローからブラウンがかった
色味までに分類されています。
ただし、Hランクくらいまでは素人ではほとんど区別がつかないと言われています。

どのグレードを選ぶのか


希少価値が高く非常に美しいとされるのはグレードD〜Fのダイヤモンドでしょう。ただし、それ以下の
ランクのものでも、見た目は充分に美しいものです。
グレードG〜Iのダイヤモンドもほぼ無色なので、完全に無色のグレードのものとは専門家でないかぎり
区別できないくらいです。
グレードがJ〜Mのダイヤモンドになると、わずかに黄味がかった色合いとなりますが、枠をイエローゴールドに
するなどダイヤモンドと合わせるジュエリーによって、殆ど気にならなくなるでしょう。
カラーグレードがMより低くなるとあまり良質とはいえないようです。
予算の範囲内で、気にいった色合いのダイヤモンドを選びましょう。

人気のファンシーカラー


ダイヤモンドは無色透明なほどグレードが高くなりますが、最近は、ファンシーカラーダイヤモンドの
人気も高まっているようです。
ダイヤモンドの生成過程で窒素やホウ素などが入り込んで色がつくため、ダイヤモンドには様々な
カラーがあります。
通常はほのかに黄味がかるくらいなのですが、ごくまれに鮮やかな色に発色することがあって、
それらをファンシーカラーダイヤモンドと呼んでいます。ファンシーカラーダイヤモンドには、ピンク、
ブルー、レッド、イエロー、ブラウンなどがありますが、中でも、ピンクは希少価値が高いため、
人気もあり高価です。

天然と人工


ファンシーカラーダイヤモンドの中でも、イエローダイヤモンドは多く存在するため価格も手ごろです。
逆に、ブルー、グリーン、ピンクなどのダイヤモンドは希少価値が高く、価格もとても高値です。
ファンシーカラーダイヤモンドには、人工的に処理され色がつけられているものもあり、購入時には
注意が必要です。
 前へ  | 25 |  26  |  27  |  28  |  29