店舗案内
  営業時間/10:00〜18:00
  定休日/日曜日
  電話番号/042-747-7118
  お店への地図はこちらから

お問い合せフォーム
 ダイヤに関するご質問はメール
 またはお電話にてお問い合わせ
 下さい



豆知識
  ジュエリー・宝石について
  の豆知識と読み物
クラフトマン藤崎保  担当 藤崎 保
・1990年
  東京宝石デザインスクール卒
・2006年
  JJAジュエリーデザイン
  アワード初出展で入選
・神奈川宝飾工芸組合員

人工ダイヤモンドの生成


人工ダイヤモンドは、石墨を原料にして、ダイヤモンドが天然で生成する時の
地下深部の条件(1300℃、5GPa以上の高温・高圧の状態)を再現する方法で作られています。
最近では、水素ガスとメタンガスをプラズマ分解して生成する方法など、他にも様々な技術によって
人工ダイヤモンドは作られています。

人工ダイヤモンドの価値


宝飾用のダイヤモンドも人工的に生成する事は可能ですが、今のところは人工ダイヤモンドには
宝石の価値はなく市場に出回ることがないのが現状です。
これは、鉱山会社などの圧力ではないかといわれています。
人工ダイヤモンドは主に工業用として、研磨や切削加工用として幅広く利用されています。
工業用ダイヤモンドにもいろいろな種類がありますが、金の10分の1程度の価格で
取引されることが多いようです。

人工ダイヤモンドの存在意義


宝飾品としての価値は認められていませんが、今の社会には、工業用の人工ダイヤモンドの方が
存在意義がある、と言えるのではないでしょうか。
工業用の人工ダイヤモンドは、その硬さから、主に研磨・切削用に使用されています。
その他にも、電気は通さないのに熱をよく伝える、音波を速く伝えることができる、表面が滑らかで
化学的に安定している、などのダイヤモンド独自の特性により、工業のあらゆる分野で応用されています。

人工ダイヤモンドの技術


スイスに本社を持つある企業では、遺灰を人工ダイヤモンドに変えるサービスを提供しています。
1体あたりの遺灰は平均して2.5〜3キロになりますが、人工ダイヤモンドを作るために必要なのは
500gだそうです。
まず、遺灰の85%を構成しているカリウムとカルシウムを分離させます。
残った炭素を1700℃で超圧縮し、このグラファイトにさらに圧力と熱を加え、最も固い炭素同素体である
ダイヤモンドを作り上げるのです。
ここまでのプロセスに、約6〜8週間程度かかります。
こうして出来上がった人工ダイヤモンドに、研磨・カッティングを施していきます。
ハート型にしてペンダントや指輪にするのが人気だそうです。
このように、人工ダイヤモンドの技術の応用はまだまだ未知数といえるでしょう。

人工ダイヤと天然ダイヤ


人工ダイヤモンドは製作者がそれぞれに特許を取るなどして、製造方法を秘密にしていることが多く、
謎の部分が多いようです。
また、人工ダイヤモンドは小さなものしか作ることが出来ず、宝飾品としての価値は認められて
きませんでしたが、最近は透明で宝飾品としても充分通用する大きさの結晶が作られるようになってきました。
人工ダイヤモンドは人工のものとして独自の価格がつけられ、天然ダイヤモンドとは
区別がはっきりしているので、今後、人工ダイヤモンドが市場に多く出回っても、天然ダイヤモンドの
価格にはあまり影響はないものと考えられています。
 前へ  |  25  |  26  |  27  | 28 |  29