店舗案内
  営業時間/10:00〜18:00
  定休日/日曜日
  電話番号/042-747-7118
  お店への地図はこちらから

お問い合せフォーム
 ダイヤに関するご質問はメール
 またはお電話にてお問い合わせ
 下さい

豆知識
  ジュエリー・宝石について
  の豆知識と読み物
クラフトマン藤崎保  担当 藤崎 保
・1990年
  東京宝石デザインスクール卒
・2006年
  JJAジュエリーデザイン
  アワード初出展で入選
・神奈川宝飾工芸組合員

ネックレスの歴史


ネックレスには、様々なアクセサリーの中でも一番古い歴史があります。
かつては植物を縄のように編みこんだものに動物の骨や牙、貝殻などを通して、それを首にかけていました。
昔は、身分を証明するものだったり、豊作を願うときなどに使われたりしていました。
また、時には占いなどにも利用されていたようです。それが、次第に貴族などの間で装飾用として
使われるようになり、ダイヤモンドなどの豪華な宝石をちりばめたネックレスなどが身に
付けられるようになりました。

首にかけるアクセサリー


ネックレスと同じように首にかけて使うアクセサリーに、ペンダントがあります。
ネックレスとペンダントの差はわかりますか?
首にかける部分そのものが装飾品であるのがネックレス、チェーンの先にペンダントトップという装飾品が
ついているものをペンダントと呼びます。ペンダントトップはチェーンと取り外しできるので、その日の気分で
取り替えることもできます。
ペンダントトップには宝石が使われたり、ハート形やクロスのものがあったりと様々なバリエーションを
楽しむことができます。
また、ラリエットも首にかけるアクセサリーです。
長めのヒモ状で、留め金がないものがラリエットです。
ラリエットとは「結ぶ」という意味があり、通常は首の前で結んで留めて使います。
好みで自由にアレンジできるところが魅力なのではないでしょうか。

ダイヤモンドは不動の人気


ペンダントの場合には印象を決めるペンダントトップの装飾は重要であり、様々なデザインで
いろいろな宝石や天然石が使われています。
金、銀、ダイヤモンド、真珠、ルビーなど…その中でも、特に人気が高いのはやはりダイヤモンドです。
また、ダイヤモンドのネックレスの場合には、デザインがシンプルなほど美しさが引き立ちます。

シンプルが一番


シンプルなデザインのダイヤモンドのネックレスは、シーンを選ばず一年中使う事ができます。
そして、カットの仕方の違いで輝きも違ってきたりします。ブライトネス(内側・外側から反射する
強い白色光)とファイヤー(七色に輝く虹色の光)、そしてシンチレーション(光のきらめきと明暗の対比)
の3つがうまく調和したときに最高に映えるようです。

ネックレスと肌の色


身に着ける人の肌の色は、ネックレスを選ぶ時の重要なポイントになります。
色黒の方には、はっきりした色合いのブラックゴールドなどゴールド系のものがお似合いです。
石はサファイヤブルーやオニキスなどの黒、さんごやルビー、ガーネットの赤などが似合うようです。
色白であれば、ホワイトゴールドやピンクゴールドなどのやさしい色合いのものを。
石は、クリアやピンクトルマリンやアクアマリンブルーなどの淡い色味のものが似合います。
紫系のアメジストやタンザナイトなどは、肌の色を選ばず、色白と色黒どちらにも比較的映えるようです。
人気のダイヤモンド以外で、いろいろ検討し試してみるのも楽しいでしょう。
 前へ  |  5  | 6 |  7  |  8  |  9  |  次へ