店舗案内
  営業時間/10:00〜18:00
  定休日/日曜日
  電話番号/042-747-7118
  お店への地図はこちらから

お問い合せフォーム
 ダイヤに関するご質問はメール
 またはお電話にてお問い合わせ
 下さい

豆知識
・ 結婚記念日の贈り物って?
・ 薬指にはめるのは何故?
・ ダイアモンドの鑑定
・ 世界で有名なダイアモンド
・ 銀の黒ずみを取る・つける
・ ジュエリーの技法(歴史)1
・ ジュエリーの技法(歴史)2

クラフトマン藤崎保  担当 藤崎 保
・1990年
  東京宝石デザインスクール卒
・2006年
  JJAジュエリーデザイン
  アワード初出展で入選
・神奈川宝飾工芸組合員

ジュエリー技法、ジュエリーの歴史

ジュエリーとは、一言でいえば、貴金属と宝石を主な素材とした工芸であると言えます。
アートとしては下位に位置するかと言えば、そうではないことが古典期やルネサンス、
アール・ヌーヴォーのものを見れば解かると思います。
実際に一級の芸術作品が創造され、作られてきているのです。
これを支えたのが、工芸的側面であり、七宝も含めた素材の可能性の追求と
細工技術の熟練ではなかったかと思います。
それら主要な技法について研究し、学んで行く事は、さらに発展をさせていく為に
大切な事と考えております。


モザイク

I「モザイク」


細片にした宝石やガラス、貝殻など色の美しい素材を密集させて絵柄を描いたもの。
元来は建築や家具の素材であるが、ジュエリーで使うマイクロ・モザイクには大別して、
ローマ系とフィレンチェ系があり、前者は素材の細片にガラスを、後者は石を用いる。

モザイク

モザイク


ミニアチュール

J「ミニアチュール」


写真のない時代に、ヴェラム(皮革)や象牙などに絵具で描くか、金属板に七宝で焼き付けるかして、
肖像画などを描いた小さな美術品を言う。
ジュエリーの素材の一つとして広く使われている。

ミニアチュール


エナメル

K「七宝 enamel」


基本的には天然のガラス質の粉末を高温を用いて金属の
表面の多彩な色の層を焼き付ける技術。
ミケーネ文明が起源と古く、多くの技法がある。
琺瑯(ほうろう)も同義、英語ではエナメル、フランス語ではエマイユと言う。
___________________________________________________________________________________________

シャンルヴェ

金属の表面に酸による腐食あるいは打ち叩くことで付けられた凹部に七宝を満たして燃成する技術を言う。
一種の無線七宝でもある。

エナメル

有線七宝(クロワゾネ)

金属板の上に、別の細い金属板で隔壁を立てて区切り、
そこに七宝を流し込んで埋める技術を言う。
七宝同士の境目には、金属線が見える。
日本が最も得意とした七宝技術であり、西欧ではファリーズなどがその影響を受けた。

有線七宝(クロワゾネ)

ギヨシェ

ギヨシェとは、金属の表面に彫った精緻な線刻模様のこと。
(19世紀末にはエンジン・ターンが使われた)
その上から有色の透明、半透明の七宝をかけて地の模様を浮き出させる技法は、
ファベルジェが多用したことで知られる。バス・タイユ(彫胎七宝)の一種。

ギヨシェ

プリカジュール

七宝の裏面に基盤としての金属面がなく、
ステンド・グラスと同じ状態で光線を通すものを言う。
多彩な色を透過光として見せるためにきわめて美しい効果を持つが、構造上もろいのが欠点。

プリカジュール


クロウ・セッティング

L「クロウ・セッティング」


宝石を留める場合に、細い複数の爪を使って固定する技法を言う。
爪の数は4本から数十本に及び、最も基本的な石留めの方法。

クロウ・セッティング


パヴェ・セッティング

M「パヴェ・セッティング」


道路に石を敷くように、小さなダイヤモンドを金属面に密集させて埋め込む技法。
金属の爪などをいかにして小さく見えなくするかが肝要になる。

パヴェ・セッティング

パヴェ・セッティング


カリブレ・セッティング

N「カリブレ・セッティング」


20世紀に入って考案された石のカット方。
台座を石に合わせて作るのではなく、台座に合わせて石をカットすることで、 精緻な絵柄や模様が作れるようになった。

カリブレ・セッティング


インヴィジブル・セッティング

O「インヴィジブル・セッティング」


色石あるいはダイヤモンドをパヴェ・セッティングする場合に、
石を留める爪を全く見せずにセットする方法の総称。
通常は石の側面に溝を彫り、そこに金属線を通して留める。
1933年にヴァン クリーフ &アーベルが考案し、"ミステリー・セッティング”と命名した技法が端緒。
写真は「ぶどうの葉のクリップ」、1951年、ヴァン クリーフ &アーベルコレクション。

インヴィジブル・セッティング

ジュエリーの技法(歴史)1へ

_______________________________________________________________________________________________________________________________________________
ヨーロッパの宝飾技術と歴史
@ ヨーロッパ宝飾芸術の源流
| 古代エジプト | メソポタミア | 古代ギリシャ | エトルリア | スキタイ |
| ケルト | アングロサクソン | ヴァイキング | 騎馬民族の世界 |
A 古典期から近世へ
| ヘレニズム時代 | 古代ローマ | ビザンチン | 中世 - 1 | 中世 - 2 |
| ルネサンス - 1 | ルネサンス - 2 | マニエリスム | バロック | ネオ・クラシシズム |
B ヨーロッパ近世以降とアメリカ
| ナポレオン時代 | ジョージアン | センチメンタリズム | ヴィクトリアン | 第二帝政期 |
| ヒストリシズム | ヴィクトリアン - 2 | カステラーニ一族 | 奇々怪々な素材たち |
| モーニング・ジュエリー | ベル・エポック - 1 | ベル・エポック - 2 | 第三共和制とフランスの愚挙 |
| アメリカからの新風 - ティファニー | ジャポニスム | 照明と宝石の関係 |
C 19世紀末から第二次世界大戦
| アーツ・アンド・クラフツ | アール・ヌーヴォー | ルネ・ラリック |
| ファベルジェの技 - ギヨシェ、エンジンターン | エドワーディアン | プラチナの登場 |
| カルティエ一族 | アール・デコ | 女性の実用小物 | 現代の天才たち |