店舗案内

  営業時間/10:00〜18:00
  定休日/日曜日
  電話番号/042-747-7118
  お店への地図はこちらから

お問い合せフォーム
 ダイヤに関するご質問はメール
 またはお電話にてお問い合わせ
 下さい

豆知識
・ 結婚記念日の贈り物って?
・ 薬指にはめるのは何故?
・ ダイアモンドの鑑定
・ 世界で有名なダイアモンド
・ 銀の黒ずみを取る・つける
・ ジュエリーの技法(歴史)1
・ ジュエリーの技法(歴史)2


クラフトマン藤崎保

  担当 藤崎 保
・1990年
  東京宝石デザインスクール卒
・2006年
  JJAジュエリーデザイン
  アワード初出展で入選
・神奈川宝飾工芸組合員

ジュエリーの技法、マニエリスム


古典期から近世へ


ブローチ?いや実は衣服の留め金


ブローチ?いや実は衣服の留め金

子供が描いたような花のデザイン、一見するとブローチだが実はフック式の衣服の留め金具。
宝石よりも七宝細工が印象的な、デザインは全く様式化したマニエリスム独特のもの。
1620年頃、フォルツハイム宝石美術館蔵。

  内容の革新より技巧の新しさを求めた貴族的な芸術様式
  【 マニエリスム 】

 MANIERISME   16世紀後半〜17世紀

高く評価されてしかるべき時代


 マニエリスムとは、ルネサンスからバロックへの過渡期、1520年代頃から1600年前後までの
内容の革新ではなく既存の物の技巧的な新しさを求めた貴族的な芸術様式を言う。
かつてはルネサンスのコピーなどと軽視されたが、工芸の分野では技巧的に優れたものが多く、
高く評価されてしかるべきである。
事実、この時期、後世に誇る多くの名品を残した名工が輩出している。
ジュエリーという工芸が新しいアイデアを必要とする一方で熟練の技法というか伝統の職人芸を
必要とするということが、この時期のものを見ると理解できる。
ジュエリーの歴史では、重要な無視できない時代である。

博愛と題する七宝の人物像のペンダント

博愛と題する七宝の人物像のペンダント

鑑賞ポイント

  マニエリスムの典型。
  中央に博愛の女神、左右に信仰と希望の女神を伴い、楽器を演奏する天使などを配した、
  典型的な後期ルネサンス様式のペンダント。
  女神は建築物の中にいるのもお決まり。   ずぶ浸けのエナメルとエメラルド、それに真珠、一つの様式である。   19世紀後半、大英博物館蔵。

職人芸から生まれた多くの名作


 この時代、金細工は南ドイツでも隆盛を迎えた。
その代表格がウェンツェル・ヤムニッツァーで、彼は自然の草花などをそのまま鋳造の鋳型に使い、
女性像などの古典的なデザインと組み合わせた作例を残している。
また、ミュンヘンのレジデンツ博物館に残るハンス・ライマーが作った儀式用の大きなネックレスは、
大粒の宝石の回りにCの字状の渦巻き模様を配したもので、抽象的なデザインの始まりとして注目に値する。
 宝石のカットは、この頃から結晶の一方の頂点を切り取って平たくしたテーブル・カットを中心として、
これまでの丸く磨き上げたカボッション・カットから、ファセットと呼ぶ多くの切り子面を付けた物へと変化してゆく。
また、デザイン画というものが印刷されて市販されるようになり、デザインそのものが広く流布することで、以前なら
その傾向で、ある程度まで予測の付いた生産地が、特定できなくなるのもこの頃である。
デザイナーとして知られるハンス・コラルトが1581年に市販したデザイン画集は見事なものだが、この時代に登場した
テーブル・カットの宝石を多用したデザイン画が見られる。
ファセットを付けた宝石は、単純なカボッションよりはるかに複雑さを高めていった。
このように、今日残る当時の名作の多くは、マニエリスムの職人芸から生まれた。
この時代が重要という理由はそこにある。
_______________________________________________________________________________________________________________________________________________
ヨーロッパの宝飾技術と歴史
@ ヨーロッパ宝飾芸術の源流
| 古代エジプト | メソポタミア | 古代ギリシャ | エトルリア | スキタイ |
| ケルト | アングロサクソン | ヴァイキング | 騎馬民族の世界 |
A 古典期から近世へ
| ヘレニズム時代 | 古代ローマ | ビザンチン | 中世 - 1 | 中世 - 2 |
| ルネサンス - 1 | ルネサンス - 2 | マニエリスム | バロック | ネオ・クラシシズム |
B ヨーロッパ近世以降とアメリカ
| ナポレオン時代 | ジョージアン | センチメンタリズム | ヴィクトリアン | 第二帝政期 |
| ヒストリシズム | ヴィクトリアン - 2 | カステラーニ一族 | 奇々怪々な素材たち |
| モーニング・ジュエリー | ベル・エポック - 1 | ベル・エポック - 2 | 第三共和制とフランスの愚挙 |
| アメリカからの新風 - ティファニー | ジャポニスム | 照明と宝石の関係 |
C 19世紀末から第二次世界大戦
| アーツ・アンド・クラフツ | アール・ヌーヴォー | ルネ・ラリック |
| ファベルジェの技 - ギヨシェ、エンジンターン | エドワーディアン | プラチナの登場 |
| カルティエ一族 | アール・デコ | 女性の実用小物 | 現代の天才たち |